マクロ経済学入門 計算式 まとめ

f:id:LimeSword:20170521143256j:plain

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

うおおおおおお

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお

整理した

GDPを構成する4要素

Y(GDP

C(消費)

I(投資)

G(政府支出)

NX(純輸出)

Y = C + I + G + NX

GDPデフレーター

(GDPデフレーター) = \dfrac{(名目GDP)} {(実質GDP)} * 100

インフレ率(GDPデフレーターに基づく)

連続する2年の間のインフレ率は

①=第1年のGDPデフレーター

②=第2年のGDPデフレーター

(第2年のインフレ率) = \dfrac{② - ①} {②} * 100

消費者物価指数 (=CPI)

CPI=消費者物価指数

①=基準年の財サービスのバスケットの価格

②=当年の財サービスのバスケットの価格

(CPI) = \dfrac{②} {①} * 100

インフレ率(消費者物価指数に基づく)

連続する2年の間のインフレ率は

①=第1年のCPI

②=第2年のCPI

(第2年のインフレ率) = \dfrac{② - ①}{②} * 100

X年の貨幣価値を現在の貨幣価値になおす

現在の貨幣価値 = X年の貨幣価値 * \dfrac{現在の物価水準}{X年の物価水準}

実質利子率と名目利子率

実質利子率 = 名目利子率 - インフレ率

生産関数

Y=産出量

L=労働力

K=物的資本量

H=人的資本量

N=天然資源

A=技術力

F():投入物を産出物に対応させる関数 産出物=F(投入物)

Y = AF(L,K,H,N)

xY = AF(xL,xK,xH,xN)

ここで

\dfrac{Y}{L}

は労働者1人当たりの生産性

コブ・ダグラス型生産関数

Y = L^{a_L} K^{a_K} H^{a_H} N^{a_N}

規模に関して収穫一定

a_L + a_K + a_H + a_N = 1

規模に関して収穫逓減

 a_L + a_K + a_H + a_N < 1

規模に関して収穫逓増

a_L + a_K + a_H + a_N > 1

失業率

失業率 = \dfrac{失業者数}{労働力} * 100

労働力率

労働力率 = \dfrac{労働力}{成人人口} * 100

国民貯蓄

S=国民貯蓄(貯蓄)

S = Y - C- G

民間貯蓄

T=税金

民間貯蓄 = Y - T - C

政府貯蓄

T=税金

政府貯蓄 = T - G

貨幣の流通速度

P=物価水準(GDPデフレーター)

Y=生産量(実質GDP)

M=貨幣量

V=貨幣の流通速度

V = \dfrac{P * Y}{M}  

実質為替相場と名目為替相場

実質為替相場 = \dfrac{名目為替相場 * 国内価格}{外国価格}

購買力平価

e=名目為替相場(b国/a国)

Pa=a国のバスケットの価格

Pb=b国のバスケットの価格

購買力平価が成り立つとき

1 = \dfrac{ePa}{Pb}